リサイクルにはどんな種類があるのか?

リサイクルの種類について知るためのサイト

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

3Rから5Rの時代へ!リサイクルとは

缶を資源に戻してもう一度缶にするなど、廃棄物を製品の材料として再生することを「マテリアルリサイクル」といいます。 「リサイクル」と聞いて、一番イメージされやすいのはこのマテリアルリサイクルではないでしょうか。 マテリアルリサイクルがどのようなものか、確認してみましょう。 続きを読む

原料・材料として再生する「マテリアルリサイクル」

限られた資源を守るためには、リサイクル活動に取り組むことが欠かせません。
しかし、リサイクルについて、「ペットボトルやビン、缶を分別して資源にすること」だと何となくは分かっていても、その詳細や、回収された後のことまで知っている人は意外に少ないのではないでしょうか。
リサイクルには、さまざまな種類があるのです。

日本では、「3R」という言葉が有名だと思います。
これは、「リデュース」「リユース」「リサイクル」の頭文字のRを3つとったものです。
「リデュース」とはゴミになるものの削減のことで、物を長く大切に使い、廃棄物自体を減らすことを指します。
使い捨ての商品を避けたり、不要な物を買わないことが挙げられます。
「リユース」とは再利用のことで、不要になったものをそのままの形で使いまわすことをいいます。
不要になった服をリサイクルショップに持っていく、というイメージです。
そして、「リサイクル」は、資源の再利用のことです。
古紙を資源回収して、トイレットペーパーに作り直すなど、一旦資源の形に戻すのが特徴です。

近年では、この3Rにとどまらず、3Rに「リフューズ」と「リペア」を足した「5R」が採用されていることもあります。
「リフューズ」は「リデュース」に似ていますが、必要のないものを断ることを意味します。
たとえば、エコバッグを持ち歩いてレジ袋を断ったり、無料だからと不要な物を受け取ったりしないなどの活動が考えられます。
「リペア」は、修理して物を長く使うことです。

このように、日常会話では一言に「リサイクル」とまとめられているようなことでも、実は分類されているのです。
このサイトでは、5Rの中の「リサイクル」について、更にどのような種類があるのかご紹介します。


化学反応の力で行う「ケミカルリサイクル」

資源を化学反応によって組織にまで変換して行うリサイクルのことを「ケミカルリサイクル」といいます。 ケミカルリサイクルはマテリアルリサイクルの次に優先されるリサイクル方法で、マテリアルリサイクルが不可能な製品をリサイクルする際に行われます。 マテリアルリサイクルとの違いを見ていきましょう。

続きを読む

熱を再利用するサーマルリサイクル

マテリアルリサイクルもケミカルリサイクルもできない場合でも、ゴミの焼却の際の熱エネルギーを利用して環境に配慮することがあり、これは「サーマルリサイクル」と呼ばれています。 他のリサイクルとは少し毛色の違うリサイクル方法ですが、どのようなものなのか確認してみましょう。

続きを読む