リサイクルにはどんな種類があるのか?

化学反応の力で行う「ケミカルリサイクル」

資源を化学的に分解して原料に!

マテリアルリサイクルが不可能なゴミでも、「ケミカルリサイクル」を行なえば、リサイクルできる場合があります。

ケミカルリサイクルとは、資源を熱や圧力によって分解し、化学原料に変換して再利用することを指します。
たとえば、炭素と水素から成るプラスチックに熱と圧力を加えて、石油やその他の原料に転換して、塗料やカーボンファイバーに再生することが挙げられます。
他にイメージしやすい例として、食用油を石鹸やディーゼル燃料にすることもあります。

ケミカルリサイクルは、コークス炉化学原料化、高炉還元剤化、ガス化、油化など、さまざまな手法を用いて行われ、工業原料として循環して再利用されることが多いそうです。
それぞれ手法によって得られる資源が異なり、石炭の代用として需要の高いコークス炉化学原料化が多く行われているようです。

ケミカルリサイクルの課題点

ケミカルリサイクルはマテリアルリサイクルの次に優先されるリサイクルであると述べました。
これは、できればケミカルリサイクルよりマテリアルリサイクルの方がいい、ということです。
では、ケミカルリサイクルにはどのような課題があるのでしょうか。

まず、ケミカルリサイクルはコストが高い、ということが挙げられます。
粉砕や溶解で資源化できるマテリアルリサイクルとは違い、ケミカルリサイクルは圧力やより高温な熱が必要となります。
また、どうせ化学分解するからと言って、資源の分別を怠ってはならず、分別がされていない場合は人の手で分別を行なう必要があり、さもなければ機械の故障や品質劣化につながってしまうのです。
新品より、リサイクル製品の方が高額になってしまうこともあるため、効率化について考える必要があります。


この記事をシェアする