リサイクルにはどんな種類があるのか?

熱を再利用するサーマルリサイクル

やむなく資源を焼却する際も熱を再利用

マテリアルリサイクルもケミカルリサイクルもできない、つまり資源それ自体から別製品に再生できないときは、諦めるしかないのでしょうか。
実は、原料に再生できなくてゴミを焼却する場合でも、焼却時のエネルギーを再利用することができ、これを「サーマルリサイクル」といいます。

主に、焼却の熱をそのまま回収して温水施設に利用したり、熱エネルギーから発電を行なったりすることが挙げられます。

資源を焼却してしまうので、リサイクルの優先度は他の方法より低く、他のリサイクル方法が不可能なものに対して行われます。
以前は、プラスチック製品の焼却によるダイオキシン発生が問題視されていたのであまり行われていませんでしたが、今はダイオキシンを発生させない方法が開発され、資源をより有効活用できるようになりました。

他のリサイクル方法との違い

サーマルリサイクルは、他のリサイクル方法と少し毛色の違ったリサイクル方法になります。
他のリサイクル方法では、資源自体を原料とし、物として再生しますが、サーマルリサイクルは焼却時のエネルギーという間接的なものを利用します。
日本では、サーマル「リサイクル」という名の通りリサイクル方法の1つとして考えられていますが、欧米では「サーマルリカバリー」と呼ばれ、リサイクルとは一線を画している場合もあるようです。

サーマルリサイクルは資源そのものを直接再生しないので、他のリサイクル方法と違い、分別しきれない資源にも使われます。
分別を徹底して他のリサイクルに回すのが一番ですが、どうしても資源を灰にしてしまうなら、サーマルリサイクルでエネルギーを利用したいですよね。


この記事をシェアする